Naps in NZ zzz

北海道に戻ってきて、これからがんばっていく!

スポンサーサイト

Posted by Taichi on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語って、話せないですね

Posted by Taichi on   0  0

2回ほど、地元の英会話レッスンを受講しました。
 
最初の訪問で簡単な会話テスト。
 
 
 
 
もちろん、
 
 
 
 
単語がぽつぽつ出てくるだけです。まあ、話すなんてレベルでない。
 
さっとクラス分けをしてもらって、その日の夜に無料授業。
 
 
正直、楽しかった
 
話してる気にはなります。
 
しばらくは免疫つけるためと、直近のTOEICのために通うつもり。
 
なんだか、意味分からないから素にならざるを得ないのが、心地いいですね。
 
 

たったの2回の授業でお別れとなってしまった、Mike。
 
笑顔が眩しいね。
 
ほんと、ナイスガイというのはいるんだな。
 
名古屋でもがんばってね。
 
そして、英語といい出会いをさせてくれて感謝してます。
 
Thank you Mike ! Bye !
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

雌阿寒①

Posted by Taichi on   0  0

数年ぶりの登山でした。

標高が上がるにつれて、風がとりあえず強く、ぶっ飛ばされ~滑落の恐怖心を抑えながらという感じでした。

気温が高めだったのが、幸いでした。天気も快晴とまではいえないけど、オンネトーもきれいに見えたんで、満足!

頂上からの景色はこんな具合で、雄阿寒、阿寒湖、温泉街が見渡せました 噴火口に今にも落ちんとす。

ただまあ、高所恐怖症の自分としては、

こんなんや、
こういうのが、落ち着きます。盆栽?

トレランお手伝い

Posted by Taichi on   0  0

藻琴山~弟子屈川湯温泉へのトレイルラン大会が17日に開催され、主催者の伊藤肇さん(北海道ウォーキン
 
グネットワークの設立(http://do-walking.net/index.html)や北海道のカントリースタイルマガジン「East Side」
 
http://city.hokkai.or.jp/~hibulk)を発行するなど、北海道ならではの魅力の発掘、創造そして情報発信をライ
 
フワークとされている方です)のご好意で大会運営のお手伝いをさせていただいた。
 
 
大会前日にはコースの点検に同行させてもらい、こんな山道を汗だくで登りながら、こんなとこ走れんの?と思うくらいの
 
急斜面もちらほらあったり・・・こんな感じで、きれいな水の流れる沢を横切るようなところもコースになっていたりと、
 

 
基礎体力、脚力、持久力すべてレベル1程度の僕ですらほんの少し走りたい衝動に駆られるてしまうのでした。
 
この日はあいにくの曇り空で、かなり冷たい風も吹き付けていたので、明日の大会の天気が気になりながらも、心地よい疲れ
 
で宿に帰るなり夢の中へ。。。
 
美味いエゾシカ料理が食える宿→http://www.gogogenya.com/mokuzi.htm
 
 
そして大会当日・・・
 
 

絶好のトレラン日和!最高の眺めでランナー達の評判も上々。これは来年参加者倍増しそう!
 
先ほどの山のコースを下りきると、屈斜路湖沿いの林道にでるのだが、途中で川を渡渉するポイントもあり、ラ
 
ンナーは躊躇うことなくジャバジャバと渡っていたそうで、こうしたバラエティーに富んだコースを走れるというの
 
もまたトレランの魅力でもあるみたいだ。
 
 
もちろんカメラを持っていったわけだけど、なかなか撮る方に意識が行かなくて、枚数も少なかったけど、そん
 
な中でも秋らしい2枚をチョイス。
 

 
 

 
 
今回は、トレランを通じて様々な人たちと接することができたことが、最大の収穫だったなあ。
 
特に道東でガイドをされてる方がスタッフとして多く参加されていたので、今の自分にはどストライクだった。
 
泊りがけでキャンプしながら、カヌーで川を下っていくツアーなんか、まさに「水曜どうでしょう」のユーコンみた
 
いじゃないか!お金貯めて、是非体験せねば。。。→http://www.wakka.biz/tour/camp/camp3.html

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。