Naps in NZ zzz

北海道に戻ってきて、これからがんばっていく!

スポンサーサイト

Posted by Taichi on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Taichi on   0  0

BOY.jpg

Photo by Matt Grace and Darryl Ward.



2週間ぶりの更新。

言い訳だけど、先週はテスト週間だったもんで、一応勉強してましたってことになってます。

文法はクラストップでしたー!が、リスニング、リーディング、スピーキングは直接点数についてフィードバックはなかったけど、あまり良くなかったですなあ。ま、日々勉強するしかないですな。

ということで、来週からは1個上のクラスで(同じクラスの生徒はほぼ全員だけど)残りの1ヶ月と少しを過ごすことになりそう。

今週末も雨で、なんだか気分も晴れない。今日は、午前中にランニングをして昼から映画館へ。

観たのは"Last Paradise"というドキュメンタリー映画。サーフィン、スキーなどのエクストリームスポーツ界で名を馳せたパイオニアたちへのインタビューを中心に、ニュージーランドの様々な自然の魅力とその移り変わり(環境問題へのアプローチ)もとりあげつつ、ちょい社会派な視点も盛り込んだ作りで、なかなか楽しめた。すっごい・・・サーフィンしてみたくなる。スキーしてみたくなる。字幕付きで見たいなあ・・・


さて、タイトルの意味は別に怪我をしたとかということではなくて、今日の晩飯でホストマザーと話した事。

たまたま2人きりだったので、今日の映画の話のついでに彼女の好きな映画を聞いてみた。彼女は僕に「BOY」という映画を勧めてくれた。そこで話題になったのが「アルコールと家庭内暴力」の話。そして、彼女はとても興味深い話を聞かせてくれた。彼女の夫、つまりホストファザーなわけだけど、彼は父親からよく暴力を振るわれていたようだ。ただ、自分の子供に同じ道はたどらせまいと、特別な席以外では酒を断ち、決して自分の子供に手を上げるようなことはしなかったと・・・それは、僕自身もホストファザーを見ていればよく分かる。ただ、それが今同居している末っ子にとっては若干"spoil=甘やかして育てる"ことになってるかもね・・・と彼女は少し微笑みながら話した。

ただ、ひとつ上の姉と8歳ほど離れた末っ子だから、とここまではよく聞く話なのだけど、彼女は「実はもうひとつホストファザーが彼をを大事に育てている理由があるの」ともうひとつの彼の家族に関するストーリーを伝えてくれた。

「彼は彼の妹が14歳のとき、彼女を交通事故で亡くしているの。そして、ほぼそれと時を同じくして私が一番下の子を身ごもったから、彼も彼の家族、親戚もその子は彼女(妹)の生まれ変わりだと信じてるのよ。彼は亡くなった妹の名前の一部を息子の名前にすることにした。だから、みんな彼を甘やかすのよ(笑)」と。

今末っ子君は13才。そう、ちょうど、妹が亡くなった年齢になろうとしている息子を大事に(少し過保護に)育てるのも分かる気がする。



それから、彼らマオリの血(移住、混血、国際結婚等)のことについても詳しく教えてくれた。日本にもアイヌという先住民がいるんだよと、伝えたかったけど「先住民」が出てこなかったなあ、全然。


indigenous people・・・でいいのかな。いや、これ発音できないな。


いろいろ勉強になりました。BOYのDVD探してみよ。

スポンサーサイト

ゴールは遠かった・・・

Posted by Taichi on   2  0

3D Rotorua―Off-Road Winter Multisport Festival at EveryTrail

EveryTrail - Find hiking trails in California and beyond



朝6時起床。天気-雨

おにぎりを2個作って、バナナ1本を食べる。7時に家を出発。スタートが9時半で、ゆっくり行くつもりだったから2時間はスタート地点までかかるだろうと思った。

レインウェアの下を履こうか迷った挙句、荷物になるのでやめた。というより、2Lのキャメルバックに上着と一緒に入らない。

ハイドレーションに1L半程水を入れて、バナナとビスケット1つを収納。今思えば、あと1個チョコかなんかが欲しかった・・・

Tarawera RDは上りがキッツいのは先日の下見で分かってたから、一番軽いギアで歩くのと同じくらいの速さで。

カヤックをとMTBを積んだ車が横を通り過ぎていく。

乗ってるときは体も温かくなって気づかなかったけど、これがスタート直前にガンガン体温を奪っていった。

坂を上りきってしばらく進むと、Blue Lakeのほうに行く道とLake Okarekaに行くほうとに道が分かれるんだけど、ちょうどそのあたりでブッシュに突入し、the Redwoodsに入っていくようだ。レースのサインが掲示されていた。

とりあえず雨が冷たいので、下りもスピードを抑えて進む。

もちろん、自走してる人は自分以外いなかった・・・

スタート地点のLake Okarekaに着いたのが8時半過ぎ。明らかに早く着き過ぎた。寒さをしのぐ為温かいコーヒー(もちろんフラットホワイト)を買ってチビチビ飲みながら、会場の散策。

とあるKiwi青年に「君はロトルアに住んでるの?」と尋ねられたので、ワーホリできていて、デュアスロンに参加するんだ・・・と伝えたつもり。「Sweet as!」と決まり文句で別れる。

9時20分。スタート地点で説明が始まるも、ひとっつも理解できない。

寒さと武者震いが混ざって、恥ずかしいくらい震えていた。

9時半。いよいよスタート。みなガンガン飛ばすので、あっという間に先頭は見えず、とりあえず最後尾の集団についていくことにした。

すぐに登りが始まり、抜きつ抜かれつ。もう完全に息が上がってピンチ。なんとか上りが終わったところで右前方にカメラマン発見!よし、ピースサインでも・・・と思ってカメラ目線になったところを撮られる。

3D Rotorua―Off-Road Winter Multisport Festival 1



しばらく平坦な道だったので、3人くらい抜いてみる。すぐにthe Redwoodsに突入しなきゃいけなかったので、減速・・・・うし!行くぞと思って勢いよくペダルをこいだら・・・

両足の太腿が痙攣!!あ、これ棄権とかありえるかもと一瞬よぎるも、もう誤魔化して進むしかない。

そしてここからが地獄の1時間半。

グレードでいうと2,3,4あたりのコースを5,6個走ったはずだけど、よく覚えてない。2,3あたりは初心者用コース、4になると少し難しくなるのだけど、そんなの関係なく至る所でこけたり、ペダルを踏み外して脛にしたたか打ちつけたり、前日までの雨でぬかるみ、水溜りだらけのトラックに四苦八苦。

チャリにつけたメーターの距離が全然増えていかない。4,5人に抜かれながらも、その後、後続を確認できなかったから、気持ち的には楽だった。自分の激遅ペースをキープできた。

空を見るとすっかり雨が止んいて、木々の合間から青空が覗いていた。そうか、天気いいんだ・・・

握力が落ち、肩、腰、四肢がバキバキ。ハンドルを握れないから、下りのほうが辛いし怖い。

メーターの距離が25K位になった辺りで、坂を下りきりトランジッションエリアが見えてきた。えー!!こんなに誤差があるんだ!?安物のサイコンだからしょうがないか・・・

バイクをラックに引っ掛けて、さっそうとランをスタート・・・したら観客から「ヘルメット!」と言われる。苦笑いでバイクのとこまで戻って、ヘルメットを置いて再スタート。ありがと。教えてくれて。

ここからは6K×2のトレラン、スタート。ここで、太腿の攣りが完全に痙攣に。こむらがえりが両腿を襲って、歩くことすら出来ない・・・ヤバイ。ホント棄権か?

落ち着け。まずは屈伸と、もしかしたらなんか食べれば収まるかもと残っていたビスケット1枚を食べて歩き出してみた。坂を上ってる時次第に痛みが和らぎ、下りに入る頃には走り出すことが出来た。

調子乗ってカメラ目線の2枚目。

3D Rotorua―Off-Road Winter Multisport Festival 2



調子乗れたのも1周目まで。2周目に突入すると一気にペースダウン。明らかにスタミナ切れ。水だけ飲んで体が重くなった気がした。歩いては、数秒走り、また歩くの繰り返し。死んでまう・・・

こういう時に頭をよぎるものは何だと思いますか?

俺は寛平ちゃんでしたね。足を前に出してさえすれば、ゴールできると言っていたのを自分に言い聞かせて。

もう限界ギリギリのところで、カメラ目線も出来なくなった最後の姿。

3D Rotorua―Off-Road Winter Multisport Festival 3



森を抜け、FINISHのサインが見えて、控えめにゴール!!

3時間49分。

ま、初レース。完走できたことで良しとしよう。充実感だけは半端じゃない。

声援くれた見ず知らずのみなさん、ありがとう。

最高の思い出になったよ。


以下ツイッターにあげた写真。

ゴール後は腹か減りまくっていたので、おもわず$9.5の鹿肉バーガーを買っちゃった。http://p.twipple.jp/BymS3



posted at 15:18:47


スタート地点までの15kは雨の中チャリで自走したんだけど、こんな事もう絶対レース前にはしないどこ。始まるまで寒くて震えが止まらなかった。http://p.twipple.jp/AnEfJ http://p.twipple.jp/tPEUz




posted at 15:10:35


スタートはレイク・オカレカの畔から。メインレースは50kトライアスロン。因みに自分は42kデュアスロン。http://p.twipple.jp/9f7D7 http://p.twipple.jp/VbcZ4




posted at 15:04:29


うひー。終わったー。人生で間違いなく一番キツイ日だった。でも、間違いなく人生で一番の達成感!自分の時計だと3:49。ランに移った瞬間両腿攣って死ぬかと思った。 http://p.twipple.jp/yxWZw



posted at 14:55:57


The Registration Expo

Posted by Taichi on   1  0

6_4_2.jpg6_4_1.jpg



今日は雨の中レースの登録会に。

6_4_3.jpg



「ホリデー・イン」というホテルの大広間で開かれていたのですが、ここにきてやっと実感が湧いてきた。

日本人いるかなあとも思って見回してみたものの、見つけることは出来なかった。

スポンサーのブースがまずあって、

6_4_4.jpg


6_4_6.jpg



その奥で登録手続き。

6_4_5.jpg



圧倒的に、今回のメインレースの50Kトライアスロンのエントリー選手が多かった。

手前に移ってる机の上にMAPが置いてあるのだけど、コースを確認するすべはここしかないようだったから、一応写真に撮っておいた。

この前スタート地点の下見に行ったときに通ったところがコースになってるんだけど、いきなり激坂なんだよなあ。

こらあ、やばそうだ。

そして、まあみな速そうだ。そらそうか・・・

楽しみだ。

少しだけ天気が良くなってくれ。少しだけでいいから。







該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。