Naps in NZ zzz

北海道に戻ってきて、これからがんばっていく!

スポンサーサイト

Posted by Taichi on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折れそうに・・・

Posted by Taichi on   0  0

5_7_2 (2)



青い空、紅葉した木々・・・写真はオークランドからロトルアに向かう車の中から撮ったもの。

でも、

この数時間前までは、これからはじまろうとしてた1年間の滞在は夢で終わってしまうのではないかと、そう、思って正直、ぷるぷると、一人震えていたのです。


事は入国審査の時に起こった。

だれかつぶやいてたよな、イミグレのやつに負けるなみたいなことを・・・まさにね、その通り。

日本のワーホリビザは31歳になる前ならビザ申請が出来て、発効日から1年以内に入国すれば「入国日」から1年間滞在できるって・・・噂?もしかして。ってなるくらい、あちらの人が「発効日」から滞在期限が1年間だから、あんた2ヶ月くらいしかいれないよ・・・みたいなことを言い出した。

出来ない英語で来る前に確認しておいた「ビザ」と「パーミット」の違いを説明してみた。
確かにビザは発効日からだと。でも滞在期限は今日、入国した日から1年なんだ!って。

もちろんあちらは自信たっぷりに隣のあちらさんとも確認して「なあ、発効日からだよなあ?」みたいな感じ。

埒が明かないから空港に迎えに来ていたエージェントさんに電話をしようとしたところ、とりあえずこっち来て座って待ってくれと促されつつ、こちらは電話で確認。エージェントさんは「絶対に折れないで説得するように」アドバイスと励ましををもらう。こちらの言い分が正しいから最悪入国後に何とかできるはずだからと。こちら弾はもう撃ちつくした感があったので、戻ってくるあちらさんとどう勝負しようか・・・そんなことばかり考えていた。

そこに突然名前を呼ぶ声がして、あちらさんのほうにいくとあっさりパスポートを返され何事も無かったように
「OK」と告げられた。こっちとしてはなにが「OK」なのか、その2ヶ月滞在のことか、1年入れるって事なのか。どんだけいいかげんなんだ、全く。

その後の税関では箱を開けて自転車をチェックされたものの、テントは"Brand New ?"と聞かれただけ。違ったけど"Yes"て言っちゃた。まいいか。無事税関を抜けてお待たせしていたエージェントと挨拶し、ホストファミリーの家まで送ってくれるマイケルと合流→ロトルアまでの3時間のうち正味30分くらい話して、沈黙のドライブを楽しんだ。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thelaziestsloth.blog71.fc2.com/tb.php/77-6ca9bbfe
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。